上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日、滋賀県消防学校様の火災実験を行なう為の実験棟を建て火災実験を行ないました。2x4住宅は、火災に強い住宅という事認識でいましたのでどれだけ強いか凄く興味がありました。耐火試験と違い住んでいる状態を設定し、出火原因を想定しての実験なので非常に臨場感がありました。左下の写真は、3.6mx3.6m片流れの小屋です。右下は、一人暮らしの生活を再現しています。家具やコンロ、照明(電気つきます。)等本物です。出火原因は、コンロの火をつけっ放しで外出し、コンロの火が横にある書類・新聞?に引火し服や布団と延焼していく事になります。
IMG_1679.jpgIMG_1680.jpg
約15分後には、左下の状態になり、消火活動に入ります。そして右下の写真は、消火後の中の状態です。中の物は、殆ど焼けています。また、サッシやガラスも焼けてなくなっています。
IMG_1708.jpgIMG_1732.jpg
あれだけの火の状態中、ボードと躯体は焼け落ちる事はありませんでした。2x4が火災に強い事が実際に体験出来た1日となりました。この経験をお客様へ伝えていきたいと思います。(松原)
スポンサーサイト
2016.11.10 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shigawoodstaff.blog.fc2.com/tb.php/332-a8b1ec16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。